西新宿駅近くの歯医者、痛みの少ない歯科治療/東京医科大学病院医療連携医

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)
西新宿駅1番出口より徒歩3分

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

休診日:土曜日・日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6894-6480

歯科コラム

インプラントをする時にCTは必要?

インプラントを行う際には、何よりも大切なことは、インプラントが患者様に適応か否かです。歯型を取る、レントゲン写真を撮る、といった検査項目は、虫歯や歯周病の治療経過中に行ったことがあることでしょう。しかし、CT撮影となると、初めての患者様が多くいらっしゃいます。実際に、CTを院内に所有していない歯科もまだまだ多くあるのが現状です。当院では、院内にCTを完備し、患者様の各種検査に応用しています。

CTからわかるのはどんなこと?

今から10年ほど前には、歯科医師の経験をもとに、パノラマレントゲンのみの画像情報で、インプラントが行われていました。現在も、パノラマのみで行っている先生も、いらっしゃるかもしれません。

では、パノラマとCTの違いとは何でしょうか。

パノラマとは、副鼻腔や顎、上下の歯の状態を1枚の平面において、確認できる画像です。多くは、治療を行う前に、歯の状況や、歯の周りの組織の状態などを全体的に把握するために撮影します。

一方、CTとは、パノラマが2次元の画像であることに対して、こちらは3次元の画像です。特に、骨の厚みや血管や神経の位置を立体画像で確認できます。CT撮影によって得られた画像を、ソフトウェア上でシミュレーションすることでより確実で安全なインプラントの埋め込める位置を設定することが可能です。

CTを撮らないと起こりえるリスク

歯がなくなって、最初に感じる不具合は「噛みにくいこと」です。
お肉が食べにくい、柔らかいものばかり選んでしまう、食事の内容が偏ってきたといった症状が現れます。
美味しく食べられないどころか、栄養に偏りが出てしまうことは避けたいことです。

歯が無くなってから、大きな口を開けると音がする、口をあけにくいといった症状が出ることがあります。
これは、咬みあわせのバランスが左右で崩れたことによる両顎への負担のアンバランスが引き起こしている症状です。重症化すると、顎関節症を引き起こします。

歯が1本無くなっても、何の問題もないと思われるかもしれません。でも実は、歯を噛みしめて力を入れることも、日常的に無意識の中で多く行っています。アンバランスな咬みあわせにより、筋肉への負担もバランスが取れなくなり、片頭痛や、肩こりが起こりやすくなります。

咬みあわせを再構築できるインプラント

あってはならないことですが、インプラントを埋め込む位置が適切でなかった場合、唇やお顔周りに何となく違和感がある、痛みがあるといった術後の症状が起こることがあります。
これは、インプラントを埋め込む位置が不適切で、顎の中を通る神経に接触し、必要以上に近接した場合に起こりえることです。最悪の場合、インプラントを取り出さなくてはならなくなります。

また、CTにより血管の走行を確認することで、小手術中に必要以上の出血を防止することができ、術後の腫れや痛みが少なく済みます。

CTは、安全なインプラントの埋め込みにはなくてはならないものです。

 

現在、インプラントの治療をお悩み中で、CT撮影なしで治療をお勧めされている方は、ぜひ一度担当の先生に、CT撮影の必要の有無を相談してみましょう。CTがなぜ不要なのか?CT撮影無しで不安に思うことなど、手術前に率直に相談することが大切です。

当院では、治療前にCTを使用し十分な精査を行い、ご納得いただいたうえで治療を行っています。インプラント治療について、ご質問がございましたら、西新宿にて多くのインプラント症例の実績を持つ当院までご相談ください。

治療の流れや当院の特長、費用などご紹介

LINEや電話、Webからお問合せいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-6894-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:30

休診日:土曜日・日曜日

※祝日の診療につきましてはお問合せください

03-6894-6480

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)

西新宿駅1番出口より徒歩3分