西新宿駅近くの歯医者、痛みの少ない歯科治療/東京医科大学病院医療連携医

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)
西新宿駅1番出口より徒歩3分

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

休診日:土曜日・日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6894-6480

歯科コラム

入れ歯とインプラントどっちがいいの?

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった時、従来は、歯を失った際には、入れ歯が第一選択でした。現在も、インプラントは行わずに入れ歯のみという歯科は多くあります。
西新宿には、多くの歯科がありますが、当院もインプラントを行うことができる歯科の1つです(もちろん入れ歯製作も得意です!)。

入れ歯とインプラント、それぞれ長所短所があるため、その違いについて今回はご説明いたします。

インプラントと入れ歯の違いはどんなところ?

治療の方法や回数といった時間的な要素の他に、費用も異なってきます。それぞれの特徴を整理しましょう。

インプラントは、顎の骨に、スクリュー状の人工歯根を埋め込みます。その上に、かぶせ物をするので、かみ合わせや外見は、より天然歯に似せた形態を作ることができます。

一方、入れ歯は、部分入れ歯と、総入れ歯の2種類に分けることができます。

インプラントと入れ歯の違い

・費用
インプラントは、自費診療となるため、1本あたり40万円前後の負担が必要です。
一方、入れ歯は、保険が適用されるため、歯が何本無くても入れ歯1装置あたり、完成まで2万円程度の自己負担で済みます。もちろん、入れ歯であっても、保険外で製作することも可能です。

・見た目
これは、やはりインプラントの方が勝っていると言えます。なぜなら、部分入れ歯のように、金属のバネを近くの歯にかけて装着する必要がないからです。

・隣の歯を削る必要性
今回も、インプラントが勝っていると言えます。インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込むため、入れ歯のように装着時に、隣の歯に金具をかけて安定させる必要がありません。

・どちらが食べやすい?
今回も、インプラントが優れています。咀嚼効率は、入れ歯になると低下してしまいますが、インプラントではご自身の歯と同様に噛むことができます。

・小手術の必要性
インプラントでは、通常の抜歯で使用する局所麻酔による、日帰りの小手術が必要です。一方、入れ歯では、小手術の必要性はありません。

・完成までの期間
入れ歯は、最短3回程度の通院で完成します。もちろん、その後の調整は必要です。
インプラントでは、人工歯根が顎の骨にしっかりと定着するまでに月単位での期間を置くため、完成までには時間を要します。

今回は、インプラントと、入れ歯を選択する際に、考慮すべき項目についてご案内いたしました。
いずれの治療にしても、大切なことは、その装置を長持ちさせることです。そのためには、通い続けることができることが大切です。
高い技術力とともに、相談しやすい歯医者さんを選びましょう。当院は、西新宿というアクセス至便な立地にあり、お仕事帰りの受診も可能ですので、お気軽にご相談ください。

治療の流れや当院の特長、費用などご紹介

LINEや電話、Webからお問合せいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-6894-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:30

休診日:土曜日・日曜日

※祝日の診療につきましてはお問合せください

03-6894-6480

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)

西新宿駅1番出口より徒歩3分