西新宿駅近くの歯医者、痛みの少ない歯科治療/東京医科大学病院医療連携医

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)
西新宿駅1番出口より徒歩3分

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

休診日:土曜日・日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6894-6480

歯科コラム

銀歯とセラミック、どちらが良いの?

虫歯で歯を削った場合、小さな箇所には詰め物、大きく削った場合には被せ物をする必要があります。以前、歯科治療を行った経験がある方は、お口の中を覗いてみてください。

お口の中に、銀歯はありますか?それとも、目立たない白いセラミックによる治療でしょうか?

今回は、銀歯とセラミックの治療について簡単に比較してお話いたします。

一般的な銀歯治療

虫歯治療で詰め物や被せ物を行う場合に、保険治療を選択すると、一部の歯種を覗いて銀歯による治療となります。もちろん、前歯など見えやすい部分には、銀歯の上にレジン素材の白い材料を乗せた被せ物となるため、パッと見た感じは、天然の歯に類似した色合いを保つことができます。保険適応のため、土台の形成、型どり、詰め物や被せ物のセットに、再診料などを含めても、1万円前後を想定すればよいでしょう。

しかし、保険適応の治療の場合、経年の変化により、金属の成分が口腔内に流出します。結果として、被せ物の根元の歯肉や、詰め物の周囲の歯質には黒い色素が蓄積してきます。また、金属成分が口腔内に流出することから、歯科金属アレルギーを発症するリスクも高くなります。

審美性と安全性に優れたセラミック

セラミックによる詰め物や被せ物の治療は、現在は保険治療では行うことができません。そのため、銀歯に比べると費用負担が大きくなります。

セラミックは銀歯と比べて、まず審美性に優れていることが挙げられます。

陶器などと同じ素材で作られるセラミックの詰め物や被せ物は、天然の歯に色調を似せてつくりだすことができ、天然歯のような光の透過性を付与することも可能です。

また、長年の銀歯の使用によって起こる歯肉や歯質への黒ずみの蓄積や、金属アレルギーを起こすことがありません。耐久性にも優れ、お口の中で安定した状態で使用することができるので、身体への安全性も高い素材と言えます。

銀歯は保険、セラミックは保険外治療です。確かに、銀歯と比べると、セラミックによる治療は高額な治療となる事は否めません。しかし審美性はもちろん安全性を兼ね備えたセラミックは、長い目で見たときには、決して高い物ではないでしょう。

銀歯とセラミック、どちらがいいのかな?と、お悩み中の方は、一度西新宿にある当院をお訪ねください。これまでの多くの症例から、患者様にあった治療方法をご提案できることと思います。また当院では、患者様一人一人のお顔全体のバランスや、隣の歯の色合い、透明度、形を参考として歯の形を決定してきます。また、口元の美しさを向上させるように、「スマイルライン」や「エステライン」といった評価基準も取り入れ、より自然なかみ合わせを付与した治療を行っています。セラミック治療について知りたい方は、ぜひご相談ください。

治療の流れや当院の特長、費用などご紹介

LINEや電話、Webからお問合せいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-6894-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:30

休診日:土曜日・日曜日

※祝日の診療につきましてはお問合せください

03-6894-6480

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8丁目19-2 西新宿TKビル3階(エレベーターあり)

西新宿駅1番出口より徒歩3分